地域の皆様へ(院長挨拶)

 福島県で生まれ、みどり幼稚園、桜ヶ丘小学校、中村第一中学校、相馬高校と幼少期から18歳までを福島県相馬市で過ごしました。 緑も多く静かなこの相馬で、小さな頃は山へ川へと家にも帰らず遊びました。 相馬野馬追、アルプス近くでの恒例花火大会、若駒強歩大会など多くの記憶がよみがえります。 その後多くの事を経験し、歯科医師として研鑽を積んで参りました。

 歯科医師としてのスタートは、秋田大学医学部附属病院歯科口腔外科。 福島県出身の先生に大変親身になって御指導頂き、基礎から習得させて頂きました。今の私があるのも口腔外科での経験が大きな礎となっております。 歯科における全身管理の重要性、歯科が医療における1診療科である事を学びました。

 その後は、歯科医院の管理者としてスタッフ教育、患者様への応対や器具の選定等多くの事を学びチーム医療の重要性を習得しました。 より歯科医師としての専門性を高めるために矯正歯科を学び現在は口腔インプラント学会や勉強会にて地域においても適正価格で1治療法としてインプラント治療を安全に治療提供出来るよう日々勉強しています。

 震災により浜通り地区でも多くの方々が被災されました。東日本大震災からはや8年を過ぎ、この地域においてもインフラ等ではない本当の意味での復興が必要です。地域コミュニティーの中での個々の意識によりさらに飛躍していける地域であることを相馬市民としての自負を持ちながら毎日に取り組んで参ります。未だに風評被害もあり、多くの方々が先の見えぬ生活を強いられている事と存じます。私も40歳を過ぎ、さらに地元への貢献をして参ります。


 オープン当初から通院頂いている子供さんが、笑顔で虫歯 0!!で検診にお越し頂く事も多くなり、

大変嬉しく思う事が多々ありました。私も元気を分けてもらっております。合わせて感謝申し上げます。


当クリニックが治療を提供させて頂く事で地域の皆様の生活の一助となれば幸いです。

桜ヶ丘デンタルクリニック 院長
桜ヶ丘デンタルクリニック 院長